映画スターが英語の先生! 知識と感動の映会話学習!!

SCREENPLAY
isbn978-4-89407-292-3

猿の惑星

Planet of the Apes

スクリーンプレイシリーズバックナンバー(品切・絶版)中級
書籍 絶版
音声CD 絶版

Story

2029年、スペース・ステーション、オベロン号は、深宇宙で観測と実験を行っていた。ある時、宇宙空間に異常が発生し、チンパンジーのペリクリーズが調査に送られる。しかし、まもなくペリクリーズの消息は途絶え、後を追った宇宙飛行士のレオも異常事態にまきこまれてしまう。なんとか事態を切り抜けたレオは、ある惑星に不時着する。驚くべきことに、そこは猿が人間を支配する惑星だった。オベロン号に戻るために、猿に立ち向かうレオ。猿に虐げられていた人間たちも、彼の行動力と知性に希望を見いだし始める。レオに他の人間とは違う魅力を感じたチンパンジーのアリは、危険を承知で彼らに力を貸す。一行がたどり着いた先には、驚くべき事実が隠されていた。衝撃的なクライマックスで明らかになる真実とは…。

English

人間も猿も、標準的なアメリカ英語を話している。スラングや分かりにくいジョークなどもあまりなく、会話のスピードも標準的なので理解し易いだろう。特徴的な英語を話しているのはチンパンジーのアリ。上流階級に属し、聡明な彼女は、際だって丁寧な英語を話している。映画のタイトルに使われているApeという単語は「猿・類人猿」を意味する単語だが、レオが軽蔑的に彼らをMonkeyと呼んで怒らせるシーンがある。Apeは、Monkeyにはない学術的な意味を持つことから来ているのだが、その違いも頭に入れておくとよいだろう。また、禁断の地、CALIMAには驚くべき秘密が隠されているのだが、これはある意味を含ませた造語である。それぞれのアルファベットが何を表しているのか、映画を観て、各自で確認してみよう。

書籍情報

監修:曽根田憲三
編集 二村優子/LONG”MARTIN”MAI
定価:1,260円(税込)
仕様:A5版、144ページ
発行日:2002年5月1日
出版社:株式会社スクリーンプレイ
ISBN978-4-89407-292-3

映画情報

原題:Planet of the Apes
監督:Tim Burton
出演:Mark Wahlberg
    Tim Roth
会社:20世紀フォックス
制作:2001年
上映時間:119分

リスニング難易度表

評価項目易しい → 難しい
会話スピード12345
発音の明瞭さ12345
アメリカ訛12345
外国訛12345
語彙12345
専門用語12345
ジョーク12345
スラング12345
文法12345
合計24点(中級)