映画スターが英語の先生! 知識と感動の映会話学習!!

SCREENPLAY
isbn978-4-89407-195-7

バック・トゥ・ザ・フューチャー

Back to the Future

スクリーンプレイシリーズバックナンバー(品切・絶版)初級
書籍 ¥1,200(税別) 品切

Story

1985年、ヒルバレーの高校3年生、マーティはブラウン博士(通称ドク)が発明したタイム・マシーン(デロリアン)で、思いがけず1955年にタイムトラベルすることになった。交通事故がきっかけで出会った30年前のママから一目惚れされてしまったマーティは、自分の存在の消滅の危機にひんしてしまう。もとの85年に帰してもらおうと、事の次第を1955年のドクに話すのだが、当時はまだデロリアンを動かすための核エネルギーがない。しかし、マーティがポケットに入れたままになっていた85年のチラシから、数日後に時計台に落雷があることを知ったドクは、そのパワーを利用してマーティを現在に戻すアイディアを思いつく。マーティがダンスパーティーでママとパパをくっつけようと奮戦している間にも、落雷の瞬間は刻々と迫る!

English

登場人物の会話には特別な訛りもなく、標準的なアメリカ英語の発音に近い。会話の発音の明瞭さと適度なスピード、また日常的な口語表現や慣用句、そして若者らしいジョークなどが豊富で、どのポイントからみても理想的なまでに英語のヒアリング学習に適した映画である。また1985年と1955年という時代背景の差による意味のとり違いがギャグにもなっていて、英語がどんなに時代の「実体」と結びついたものであり、言葉の意味が時代の流れの中で変わっていくものであるかを私たちに気付かせてくれる。タイムトラベルで時空を往来するという設定から、時制を考慮した構文も多く使われていることは、高校生・大学生などの英語学習者にはなによりの利点であり、格好の教材であるといえる。

書籍情報

監修:池下 裕次、Beth Pollard
定価:1,200円(本体価格)
仕様:A5判、184ページ
発行日:1998年4月
出版社:株式会社フォーイン スクリーンプレイ事業部
ISBN978-4-89407-195-7

映画情報

原題:Back to the Future
監督:Robert Zemeckis
出演:Michael J. Fox
会社:Universal City Studios, Inc. and
    Amblin Entertainment, Inc
制作:1985年

リスニング難易度表

評価項目易しい → 難しい
会話スピード12345
発音の明瞭さ12345
アメリカ訛12345
外国訛12345
語彙12345
専門用語12345
ジョーク12345
スラング12345
文法12345
合計16点(初級)