映画スターが英語の先生! 知識と感動の映会話学習!!

SCREENPLAY
isbn978-4-89407-133-9

ミセス・ダウト

Mrs. Doubtfire

スクリーンプレイシリーズ中級

※音声データ・音声CDは映画の音声ではなくセリフのみを朗読したリスニング・トレーニング用の音声教材です。
※同じ内容ですので、用途によってお選びください。『音声データ:ダウンロード用』『CD:再生機器を使用』
※なお、ダウンロードには有効期限がございますので、ご注意ください。
※スマートフォンで音声データをダウンロードする場合、あらかじめzip解凍アプリが必要です。<スマートフォンでダウンロードする場合>をご参照ください。


送料・お支払方法について
書籍 ¥1,200(税別)
音声CD ¥2,400(税別)
音声データ ¥1,900(税別)

Story

失業中の声優ダニエルは、子どもが自分の全てというほどの、子煩悩なパパ。やり手デザイナーである妻ミランダは以前からダニエルに愛想をつかしていたが、長男クリスの誕生日会で大騒ぎを起こしたダニエルに、とうとう離婚の意思を告げる。ダニエルは養育権を奪われ、週一度しか子どもたちと会えないことになってしまった。そして思いついたのが、ミランダが募集している家政婦のポスト。メイクアップアーティストの兄の手を借りて、初老のイギリス婦人ミセス・ダウトにすっかり変身する。見事ミランダを騙し家政婦として最愛の子供たちのそばにいられることになるが、ダニエルの抱腹絶倒の奮闘記はそこから始まるのだった。

English

アメリカの家庭で話されている標準的な口語英語が中心で、子供たちやミランダの英語は明瞭に発音され聞き取り易い。ミセス・ダウトの話し方には、うさんくさいイギリス風の発音や、気取りのある言い回しがふんだんで、ダニエルの話し方との対比が面白い。ダニエルがアニメの吹き替えをしたり、家政婦の座を狙い様々な声色でミランダに電話したりするシーンでは、スピードのある高度な英語のリスニング練習が出来る。なんといってもこの映画の一番の特徴はコメディ要素であり、テンポの良い英語で次々に登場するギャグは字幕では到底表現しきれず、背景にあるアメリカ文化をふまえた英語本来の意味が理解できると可笑しさがひとしおになる。何度も繰り返し味わいたくなる。リスニング練習に最適の楽しい映画。

書籍情報

監修:曽根田憲三
編集:池下裕次/KIM A. LUTZ
仕様:A5判、138ページ
定価:1,200円(本体価格)
発行日:1995年7月11日
出版社:株式会社スクリーンプレイ
ISBN978-4-89407-133-9

映画情報

原題:Mrs. Doubtfire
監督:Chris Columbus
出演:Robin Williams
    Sally Field
会社:20th Century Fox
制作:1993年

リスニング難易度表

評価項目易しい → 難しい
会話スピード12345
発音の明瞭さ12345
アメリカ訛12345
外国訛12345
語彙12345
専門用語12345
ジョーク12345
スラング12345
文法12345
合計17点(中級)