映画スターが英語の先生! 知識と感動の映会話学習!!

SCREENPLAY
ISBN978-4-89407-561-0

トヨタMIRAI

自動車書籍

究極のエコカーMIRAIを10テーマ100項目に分けて徹底分析!
基本性能から日常生活での使いやすさまでを、余すところなくレポート!

書籍 ¥900(税別)

はじめに

2014年12月、世界初の量産燃料電池車(FCV)として、トヨタMIRAIが発売されました。MIRAIの約650㎞という航続距離は、電気自動車(EV)の航続距離に不満を持つユーザーに羨望の念を抱かせるだけでなく、ガソリン車やディーゼル車といった既存の内燃機関車を所有するユーザーに対しても、距離を気にすることなくモーターの持つ高い走行性能を楽しめるという点で、憧れを抱かせるのに十分な魅力を持っていると言えます。本書では、MIRAIというクルマを出来るだけ細部まで理解していただけるよう、カタログ等ではイメージしきれない使い勝手や快適性にも重点を置きながら、100項目の視点でMIRAIを検証しています。

3b 4b

目次

本書は第1章『水素社会の先駆けとしてのMIRAI』、第2章『MIRAI 徹底検証10 テーマ100 項目』、第3章『水素ステーションの利便性と整備状況』、付録『政府/地方自治体にようる主な燃料電池車及び水素ステーション導入支援策一覧』、『10のコラム』で構成されています。

3b 4b

11b 12b

第1章 水素社会の先駆けとしてのMIRAI

世界初の量産型燃料電池車、MIRAIに課せられた「未来を創る」という役割。地球温暖化が実感を伴う問題となってきた今だからこそ「究極のエコカー」は求められています。エコ意識の高いユーザーは悩みどころであろうFCVを選ぶべきかEVを選ぶべきかを判断するフローチャートも必見です!

5b 6b

第2章 MIRAI 徹底検証10 テーマ100 項目

以下10テーマ、100項目に渡り、長期間日常的に使用してみなければ判り得ないような性能についても、可能な限り取り上げております。1. コンセプト 2.環境性能 3.走行性能 4.安全性能 5.デザイン/質感 6.快適性能 7.標準装備/オプション 8.グレード/価格 9.サービス/利便性 10.イメージ/社会貢献

7b 8b

第3章 水素ステーションの利便性と整備状況

地元や出かけ先の水素ステーションの有無はFCVユーザーにとって必ず把握しておかなければならない情報です。全国、そして地域ごとに地図でステーション設置位置、設置数を表示してありますので、最新の水素ステーションの整備状況が一目瞭然です。

9b 10b

コラム 奥付

FCVライフの体験前と後における考えの違いの変化や、FCVにとって切っても切り離せない存在である水素ステーションの利用方法や整備状況についても、各性能評価のページの合間に、10のコラムとして掲載させていただきました。

9b 9b

監修者紹介

福田 将宏(ふくだ まさひろ)
自動車産業アナリスト。1975年生まれ、愛知県出身。
1999年名古屋大学卒業後、2003年株式会社フォーイン入社。
2006年、日本自動車調査月報編集長。
2008年、日本調査部長。
現在、株式会社フォーイン特別調査報告書担当部長。

主な調査分野は日本自動車産業(特に電動車などの先進技術分野)。
書店向けの出版物としては、これまで「プリウスvsインサイト(2009年)、
「日産リーフとBMW i3」(2014年)といった電動車の徹底試乗に基づいた比較本を監修。

書籍情報

書 名:トヨタMIRAI
    間違えないでエコカー選び④
著 者:福田 将宏(ふくだ まさひろ)
定 価:900円(本体価格)
発行日:2016年9月28日
体 裁:B6判 240ページ
出版社:株式会社フォーイン
ISBN978-4-89407-561-0